★愛知県稲沢市/2 JCC#2022 移動運用レポート☆

画像天気予報では今週の土日は「雨」「台風接近」となっていたため、移動は無理だと思っていたが、朝起きてみると晴天!いい天気だ!最近天気予報はほんとアテにならないが、こういう間違いなら歓迎する。
名古屋出発は8:00.移動目的地は「愛知県稲沢市」だ!この稲沢市というところは市制50周年で面積もそこそこあるのに、7MHzでのCQはほとんど聞いたことがない。なので欲しい人もいるかもしれないということで敢行した。
稲沢市は名古屋市の北西に位置し、昔から植木屋が多いことで有名。庭木を一時的に植えておく広大な畑があちこちにあり、畑間の道幅も広いので移動場所はどこでも確保できる。
8:40に現着しANT設営に入り、今日はフルサイズDPを張った。
9:00ちょうどに運用開始するも、バンド内が込み合っておりなかなか周波数が確保できない。
空いてそうなところでも暫し傍受の後、チャンネルチェックをかけると使ってますとの返答ありで、とにかくクルクルダイヤル回し、7,069.5MHzが奇跡的に空いているのを発見しCQを出す。
暫くは続けて呼ばれていたが、30分くらいするとバンド内が静かになってゆく。応答率も悪くなってきたが、せっかくなのでCQを出し続けた。その後ポツポツと応答があたものの2時間で32局と稼げなかったが、11:00になったところで撤収し帰路に着いた。


コンディションというのは蓋を開けてみないとわからない!今日も決して良いとは言えず不安定な部分もあったが、1エリア~4エリア、9~0エリアがよく入感していた。
今思えばANT設営後に周波数を探していた時が今日のピークのコンディションだったかもしれない。もう1時間早かったら、また違った内容になっていたかもしれない。

画像しかし移動するには嫌な季節になってきたものだ。50MHzの移動ならこの時期は伸びるGWやEs等で、暑い夏はコンディションもバリバリ!だろうが、この地域の暑さは半端でなく、とにかく暑い!ホントに暑い!実際には気温よりも「湿度」の影響が大きく、他県から名古屋入りすると、その違いがよくわかる。特に名古屋は京都と並んで全国的に暑いところで湿度も高い。ANT設営するだけで汗が滴り落ちていた。一応濃尾平野も名古屋港があるように海(外洋)に面してはいるのだが志摩半島や知多・渥美両半島という陸地に挟まれているため、海風の入る間口が狭くなっている地形的影響で伊勢湾内に熱がこもりやすいので名古屋は暑いところと言われている。
今日もこのサンシェードの反射光の通り、日差しが強烈に強かった。夏場の移動時は水分補給をお忘れなく!












画像稲沢市はJR東海道新幹線が走っており、今日の移動ポイントは新幹線の高架から200m離れたところだった。やはりあれだけのスピード列車が往来するので、通るとバリバリという弱いノイズが入ってくる。ANT再設営が面倒だったので、場所はそのままで運用したが、やはり新幹線とは離れた場所の方が無線をやるのには条件がいいようです。。

いつものおなじみ各局からもお声掛けを頂きありがとうございました。
★JO3IDT/3北浦さんもココ見ててくださってるようでお声掛けありがとうございました。
★JG2UQA局クラスタアップありがとうございました。