★長野県茅野市/0 JCC#0914 移動運用レポート☆

画像画像今回は長野県茅野市にあるJG2UQA局の会社の山荘へ1泊2日で行き移動運用を行った。前にも一度来たことがあったが、蓼科高原東急リゾートエリアの中にあり、標高はなんと1,619Mという高い所だった。とても雰囲気がよく立派な山荘でした。XYLも同行し3局体制の移動となった!



画像普段の移動なら早朝~昼までで終了だが今回は泊まりということもあって昼間は7MHz、夜は3,5MHzを楽しんだ。
ANTは3,5/7MHzが簡単に切替えられるよう最初から両バンドのFull Size Dipoleを張り、途中のギボシ端子のON/OFFで切替えるように設置した。ポールは2段式の8M仕様にしたがこれ以上高くすると逆Vエレメントの開き角度が90度以下になってしまうこともあってここらが限界高になる。他は144MHz用の10エレ八木を1エリア方向に固定。天気が下り坂だったこともあり50MHzのANT設営はあきらめHF帯、144MHz帯の運用となった。




画像画像ANT設営はこんな感じ。。。
収縮ポールはデッキの手すりにくくり付け、両端エレメントは7MHz+3,5MHz+5Mステーワイヤーなので片側だけでも約25M近くなり広大な敷地を要しました。
山の斜面に山荘が建っているので、極力建物から離すべく反対方面に張っていった。
SWRはバンド内すべてOK!






画像画像10:30CQスタートするも7MHzのコンディションはかなり不規則で30分単位でコロコロ変わって行った。先週の移動でアナウンスしていたこともあり、御馴染みさんからは長野までご苦労様!愛知県内は行き尽くしたの?とか声を掛けられた(^^ゞ
パイルになることもあったが、声がかからない周期もあり、コンディションの移り変わりを感じていた。15:30にて一旦午後の部を終了し下山して食事を取り、夜間の3,5Mに備えた。




画像画像夜の部は21:00CQスタート!普段の移動ではまずありえない時間帯である。開口一番にいつもお世話になっているJK2EXU今さんからお声掛けを頂いた。3,5Mも不安定なコンディションであったが、パイルになることも多くさすがに夜間の移動局は極少だけに立て続けであった。7MHzと2バンドQSO局も多くホントにありがとうございました。
それとさすがは1,600Mの高所だけに夜は涼しいを通り越して「寒い!」気温も14度ほどしかなく常設のストーブに火を入れてもらった。名古屋⇒暑い、茅野市(昼間)⇒涼しい、茅野市(夜間)⇒寒い!なんか季節感が一気に駆け足で通り過ぎて行った感じであった。
夜間は濃霧で何も見えない状況でした。




画像画像翌日も雨との予報であったが台風の通り過ぎた影響からか、一変して良い天気を迎えた!快晴だ!外の景色では八ヶ岳の山麓もクッキリ見ることができた。再びANTを7MHz用に切り替え6:45からCQスタートし9:45まで運用を行った。その間はほとんど途切れず効率よく茅野市をサービスすることができた。普段茅野市からON AIRの局もほとんどいないようで1stとの声もよく耳にした。景色もよくFBな場所での運用もまた格別であった。車の中での運用と違い安定化電源使用、部屋からの運用はとても楽チンでした。UQA局ありがとさんでした!
その後は撤収し、辺りをぶらっと観光してから帰路に着いた。


 ★本日も多くのお声掛けを頂きありがとうございました★



     The next time in fun・・・・・。

   
         JG2TLG & JQ2PEC