★愛知県春日井市/2 JCC#2007 移動運用レポート☆

画像今日は久しぶりに50MHzの移動を行った。昨年から移動は7MHzのオンパレードだったこともあって、たまには志向を変えようと思い昔からよくやっていた50MHzに戻ってきました。いつもならDouble Bazookaが張れる広い場所を頭に置いて場所探しとなるが、50MHzではそう言うわけいはいかない。
元々の地上高が不可欠なので今回は愛知県春日井市と岐阜県多治見市県境に位置する「内津峠」(標高約250m)に決まりです。峠というだけあって車で斜面を登りきった頂上付近に開けた場所がありそこが移動ポイントです。








画像アンテナは2エレHB9CVを使用しヒビーム方向は西方面(関西方面)に向ける。
今日はピコ6でのQRP1W運用です。SSBバンド内はどこもガラガラだったので50,2300MHz付近に決めCQスタート!その後もなかなか声は掛からない・・・。電波が出てないのか?というような不安もよぎったがモニターできる設備がなかったのでそのまま続けるものの状況は変わらず。。。
ふと気付いたことがあり、そうだこのANTのビーム方向は反対だ!!全く反対の山にフロントが向いていた。給電点がある側が放射器でもう一方は反射器ということを忘れており、給電点側は放射器で反対側は導波器と勘違いしていた。。。
早々180度回転し西方面に向けてCQ出すも状況は変わらなかった。ローカル局のJG2UQA局からレポートをもらいこちらにも59+で入感してたのでとりあえず電波は正常が把握できヤレヤレでした。
その後ポツポツと2エリアからお声掛け頂き、全部で10局でしたが久々のQRP運用を楽しめました。時期も時期なので出てる局も少なかったですが、やはり昔はこんな時期でもこの3倍はQSOができてましたがこれも無線人口の低下が原因なんでしょうかね?






画像愛用の通称ピコ6(MX-6S)です。筐体は小さいですがしっかりとした変調が相手局にも届いてるようです。受信に関しても聞きやすくRITの出番はなかったのでFズレもしてないようでした。
マイクはMIZUHO製SPマイクを使用し電源はDC-DCアダプターを使ってのバッテリー運用でした。
もうちょっとコンディションが上がったらまたチャレンジしてみようと思ってます(^^ゞ

 
   ★お声掛け頂いた各局ありがとうございました☆




     The next time in fun・・・・・。
  
 
          JG2TLG