秋季愛知県大会 3回戦 中京大中京観戦

≪小牧球場 第1試合≫

 



 

 

まだまだ暑いですが秋季大会3回戦の四強対決に行ってきました。こちらは中京大中京×享栄、刈谷球場では愛工大名電×東邦という同じ日に四強同士の潰し合いになりました。高橋新監督を見るのは今日が初ですが選手時代の面影を思い出してノックを見てました。両陣営の先発オーダーはご覧の通り。





 

 

新監督の元でまた新たな時代を築くか中京大中京!先攻:中京大中京 後攻:享栄





 【1回表】

 

 

1番・川本のライトへの安打により出塁し藤浪送りBにより二進で先制点のチャンスだったが、3番・松本Kの後、ランナー川本牽制帰塁できず挟まれOUTにてチェンジ。





 【2回表】

 



 

一死から5番・谷口ライトへの安打、6番・栗岡レフト線2BHと続き7番・武藤はセンターFだがタッチアップにより谷口生還1-0先制!尚も3塁にランナーはいたが浅野ライトFで攻撃終了。





 2回裏

 

 

二死1,3塁からレフトへの安打により1-1同点。さらに打順トップへ返ってレフト安打が続いたがホームタッチアウトでチェンジ。





 3回裏

 

 

安打、死球、タイムリー、四球などで1-2逆転





 【5回表】



このお馴染みメンバーたちももう旧チーム。6番、7番、8番と三者連続三振にて攻撃終了。





 【7回表】

 



 

一死2塁から栗岡のセンターへ抜ける安打により2-2同点に追いついた!栗岡2度目のタイムリー!





 7回裏

 

 

 

 

ライトへ3連打を浴び2-3再び逆転される。尚も満塁でP浅野から西岡へ交代したが享栄打線の勢いは止められずさらに2安打を許し2-6と点差が開く。





 【8回表】

 

 



 





鈴木の三遊間安打を火種に川本四球出塁後に鈴木が三盗を魅せた!享栄はここでP長谷川に継投。続く藤浪は内野安打の間に3-6。ランナー1,2塁から松本レフトタイムリーで4-6へ。まだまだ無死である!2,3塁から堀井の犠牲フライにより5-6。谷口Pゴロで二死となったが、今度は左打席に立った栗岡が左中間3BHを放ち6-6同点。さらに武藤がライトオーバー3BHで続いて7-6と再逆転!最後は代打横田Kで攻撃終了。





 8回裏

 

 



この回から中京P濱口へ継投。1番打者に左中間2BHの後、送りBで三進へ。続く3番はサードGでホーム死にて二死1塁。次の4番打者に大きな放物線を描くライトへの2ランHRを浴び7-8と再々逆転となった。





 【9回表】

 

 

 

 



先頭の鈴木がライト安打を放つ!その後二盗を決め俊足ぶりを如何なく発揮!トップに返って川本四球で1,2塁で続く藤浪送りBを決める。その後松本セカンドGの間にホーム狙うもタッチアウト。。二死1,3塁で4番・堀井を迎えたが三振でゲームセット。中京大中京のセンバツへの夢は絶たれた。

8回表には一挙5得点を上げ逆転に成功した時はさすが中京と喜んだが裏の二死からの2HRがなんとも痛かった。投手陣の立て直し課題が浮き彫りになった試合でした。ここ数年秋季県大会、東海大会と連続して出場していただけにこの先の試合日程がないというのも寂しい秋になるが、新監督の元一冬越えてまた来春の成長振りに期待します。今日は随所で魅せた谷口の守備の上手さと打撃センス、またスイッチヒッター栗岡の3度のタイムリー安打がすばらしかったです。



                by 天京