秋季愛知県大会 決 勝 享栄 × 愛工大名電

≪小牧球場 第2試合≫



 

 

 



私学4強同士の戦いとあって第2試合はどんどん人が増えてきました。愛知県の1位と2位を決めるこの試合。両校とも東海大会切符は獲得してるものの、やはり狙いは1回戦シードされる1位通過でしょう。先発メンバーはご覧の通りで第1試合は豊田西が愛知を7回コールドで勝ったため予定より30分繰り上げて12:00プレイボールとなりました。(先攻:愛工大名電 後攻:享栄)





 名電1回表

 

 

先頭の村山いきなり初球を左中間2BH、続く木村が送ってランナー3進へ。3番・田中がレフトフライを放ちタッチアップから0-1名電先制。続く4番・大村もレフト安打で出塁したが幸村ショートゴロで攻撃終了。





 享栄1回裏

 

 

1番・神村センターフライ、2番・村田ライトオーバー2BHと反撃開始!3番・杉本力ショートライナー、4番・神鳥四球で1,2塁としたが長谷川三振で攻撃終了。







 享栄4回裏



 

一死から5番・長谷川のレフトへのHRで享栄1-1同点に追いつく!







 名電5回表

 

6番・清岡右中間への安打で出塁するもすぐさま牽制死。アピールするも判定変わらず。







 享栄5回裏

 

 

 

8番・阿部死球、9番・山本のPゴロがフィルダースチョイスを誘い無死1,2塁から神村送りBで2,3塁へ。ここで村田がライトフライを打ちタッチアップで2-1のランナー3塁。杉本が左中間への安打を放って3-1となった。





 名電6回表

 

 

 

濱田左中間2BHの後、村山四球、木村K、田中送りBで二死2,3塁を作る。4番・大村はレフトへのタイムリー2BHを放ち二者生還3-3同点へ。享栄レフトの長谷川のグラブに入るかと思われた打球だったが落としてタイムリーとなった。名電はチア&ブラバンフル動員でこの時がかりはブラバンによる名電名物「サクラ」が奏でられた。やはりド迫力がある。





 享栄8回裏

 

7回、8回と名電サードのエラー悪送球出塁があったが、濱田の球威に押され内野ゴロで追加点が奪えない。







 名電9回表

 





 

大村パスボール出塁、渡邊送りBが自分も生きて無死1,2塁。清岡四球で満塁。続く佐藤Kで一死満塁へ。ここで8番・富澤は満塁スクイズ決行!返球がスライディングでこぼれさらに蹴ったように後逸する間に二者生還し3-5へ。享栄にとっては不運だった。





 享栄9回裏

 

 



7番・古屋はHRかと思われるレフトフライ、続く阿部もレフトフライで二死。山本は四球でチャンスを作ったがトップの神谷はセンターフライに倒れてゲームセット。





 ≪試合終了≫

 



 

3-5で名電優勝。県1位 愛工大名電、2位 享栄が決定した。







 ≪表彰式≫

 



 

 

 

 

各校東海大会でも頑張ってください!







 ≪選手退場≫



 

 



愛工大名電の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会。勝負は互角の戦いでした。名電安打数6本に対して享栄5本という内容。享栄も5回、7回、8回ともらったチャンスはあったものの決定打が出ずに無得点に終わった。7回のチャンスの二死2塁から2番・村田のレフトライン際への打球を名電レフトがスーパーキャッチで流れを引き戻した。

センバツに向けての勝負はこれからが本番!東海大会の結果がすべてとなるだけに愛知代表3校の健闘を祈ります。



                  by 天京