私学4強親善大会!中京大中京 × 愛工大名電

≪瀬戸市・JRグランド≫

 

 

初の試みとなった私学4強だけのトーナメント戦!第1試合は享栄9-東邦3で享栄の勝ち。続く第2試合は中京大中京×愛工大名電という対戦が組まれました。こんな企画は初めてで何がどうなって実現したかは知りませんが愛知県の高校野球ファンとしては「4強の陣」はとても楽しみな話題です。球場に着いた時は3回表・名電の攻撃中でした。









本日の先発メンバーは1番・川本(ショート)、2番・鈴木(センター)、3番・松本(ライト)、4番・堀井(キャッチャー)、5番・谷口(サード)、6番・藤浪(セカンド)、7番・栗岡(レフト)、8番・武藤(ファースト)、9番・渡部(先発P)

3回表に名電2点先取。









 

 

 

後攻め中京も負けてはいない!すぐ裏の回に3点入れて逆転に成功した。









 



 

5回終わって4-3 中京リード。







 



8回表に1点追加され4-4同点となったピンチに浅野登場!ランナー背負っていたが切り抜け無得点。







 

とうとう9回終わっても決着つかず延長戦突入!普通なら絶対見られない「タイブレーク式」になり一死満塁から延長戦が始まった。







 

11回表にPゴロ処理の間に2者生還し4-6へ。









 

11回裏 この粘りは見事だった!谷口が1,2塁間を抜くタイムリー安打を放ち再び6-6同点となる。







 

延長12回表に連打を許しホームインされ6-7で裏の攻撃を迎える。







 

 



結局三振とファールフライでゲームセット。名電の勝ち!となって享栄×愛工大名電の決勝カードとなった。この四強リーグは今後続くかどうかはわかりませんが、愛知県の高校野球史を培ってきた名門校だけの特別なステージだけに恒例となってもらいたいですね。惜しくも1点差で負けはしましたが次戦に結びつけて冬場鍛え上げてください。その後の決勝戦は日没の影響で5回限定となって、名電6-享栄1で名電が優勝して幕を閉じた。



   ~翌日11/22 中日スポーツ~






                  by 天京