春季愛知県大会 3回戦 中京大中京観戦

≪春日井市民球場 第2試合≫







大事な3回戦の相手は私学四強の一角同士の「享栄」。勝てば夏のシード権獲得となり、負ければノーシードスタートとなるため、この大会で一番意味を持った試合になります。先日監督に復帰された名将!柴垣監督も元気にノックをされていました。













中京大中京先発メンバーはご覧の通り。12:30試合開始。この球場は内野席まですべて金網で覆われてるため撮影が難しいので、ライト外野奥の芝生席から撮ったものです。最遠場所になるのでレフト方向の打球がどこを抜けたかはまったくわかりませんでした。







≪1回表 中京≫









二つの四死球を4番山下の左中間2BHを皮切りに初回2点を入れる。2-0







≪3回表 中京≫









二死から5番前畑、6番白井の連打により追加点を入れる。3-0







3回裏(享栄)





二死満塁から2本のタイムリー安打により3-3同点になる。この回から中京P真田⇒粕谷へ継投。







≪7回表 中京≫















四球と4安打を絡めて3点追加し6-3と畳み掛けた!享栄も二番手P、三番手Pへ継投。享栄二番手のアンダースローP(写真㊤)は印象に残りました。







7回裏(享栄)





二死よりレフト方向タイムリー2BHにより6-4へ。安打数は両チームとも10本づつ。









~8回裏の猛攻(享栄)~






8回表に満塁のチャンスから5番前畑の左中間タイムリー2BH炸裂で8-4とリードを広げるも、その裏享栄は怒涛の反撃開始。無死満塁からタイムリー安打を2本打たれて8-7へ。すかさず中京もP上田へ継投するも一死からスクイズを決められてついに8-8同点。中京がリードしては追いつかれるのはこれで2回目。さすがは享栄!







9回表裏の攻防で決着つかず



9回裏享栄の攻撃ではランナーも2塁に進塁し、一打サヨナラの場面もあったが、なんとか中京P上田が凌いだ。







≪延長10回表 中京≫









こんなことがあるのか?と思うほどの怒涛の突き放しを魅せた中京大中京。なんと9本の長短打を放ち、凄まじく集中打を重ねて一挙10得点を挙げ18-8の圧倒的大差になった。享栄はエース恒川投手が再びマウンドを努めた。







~試合終了~





10回裏に1点返されたものの、両チーム通じて39本の安打が飛び出す打撃戦は18-9という得点差で終わった。終盤に来ての両チームの猛攻は、別の視点から見ればそれだけ投手も疲労や球筋などを見抜かれていた結果とも思える。これで中京大中京が夏シード権を獲得!!両チームお疲れ様でした。 ~春日井市民球場より~



                              by 天京