第95回 高校野球愛知大会 5回戦

  中京大中京 × 至学館















夏の愛知大会も今日から大詰めの5回戦を観戦しました。1塁側の中京大中京スタンドはとても華やかでした。







 1回表 中京大中京









1番・清水の2BHを皮切りに三連打を絡めて4-0と中京が先制する。ランナー1,3塁に置いてからの内野安打が光った。







  2回表 中京大中京





一死1,3塁から4番・山下のレフト前タイムリーにより5-0とリード。









  3回裏 至学館









先頭に初安打が出た後に4連打が重なり、満塁から3番・荒浪の走者一掃の2BHにより5-4へ。ここで中京はP上野へ継投。勢いがついた至学館打線を止められず、5番、6番に連続安打を浴びて5-6と逆転。見事な集中打でした。







  4回裏 至学館







一死満塁から4番・吐前にタイムリー安打、続く5番・山田がスクイズを決め5-8へ。至学館は果敢に走ります。二死2,3塁の場面で中京はP三番手粕谷へ継投。







  6回裏 至学館



2番・松田が四球出塁を果たし、二盗をするも送球が乱れる間に一気に三塁へ進塁。その後3番・荒浪のライトへのタイムリー安打が飛び出し5-9と点差が広がる。







  7回表 中京大中京







一死から3番・小林がレフトへ安打を放つも後続が続かず無得点が続く。









  8回裏 至学館













結局スコアはそのまま5-9で試合終了。至学館がベスト8進出。中京大中京は投手陣の底上げが急務と感じる試合でした。



                              by 天京