秋季愛知県大会 3回戦 中京大中京観戦

≪愛知啓成 × 中京大中京≫











秋季大会3回戦の愛知啓成×中京大中京の試合観戦です。今日は得点シーンも多いのでBlog容量の問題からいつもよりポイントを絞ってまとめます。09:55~試合開始!









中京大中京先発「粕谷」、啓成先発「佐藤」の投げ合い。







 1回裏 中京大中京の攻撃





1番・山本が初回センター前への安打を足掛かりに外野フライタッチアップから中京先制点を挙げる0-1









 2回裏 中京大中京の攻撃





一死から四球出塁の6番・楠を続く7番・垣内がセンター前に運んで 0-2









 4回表 愛知啓成の攻撃











この回、2安打の後、四球で満塁としてからまず死球で1-2。続く2番、3番の目の覚めるタイムリーにより 5-2逆転。中京陣営はすかさずP粕谷⇒18番の中村へ継投!中京のアンダースローは珍しい!この後も投打に大活躍して試合の流れを掴んだ!









 4回裏 中京大中京の攻撃













一死満塁のチャンスから9番に入った18番・中村が左中間2BHによりまずは 5-5同点。その後は1番・山本(源)がライトへ2ランHR!により 5-7とすぐさま5点を取り返して試合の主導権は渡さない。







 5回裏 中京大中京の攻撃













取られたら取り返すまさに「倍返し」の凄まじい得点力だ。この回は相手エラーもあったが、一死1,2塁から9番・中村がまたもやタイムリー3BHを放ち大当たり!その後も4長単打が炸裂し6-13のリードとなった。







 6回裏 中京大中京の攻撃















一死1,3塁から2番・加藤がライトへ3ランHR!!! 7-16。その後も打線が繋がり3番、4番の連続安打と四球で満塁となった後に迎えた6番・楠のライトオーバータイムリーにより 7-17となったところで規定により6回10点差のコールドゲーム成立となりました。中京打線の初回得点率と言い、打線の繋がりと言い、長打炸裂と言い近年ではパワフルな打線になってます。終わってみれば中京18安打のうち8本が長打という結果でした。愛知啓成は9安打のうち1本が長打という内容でした。次戦にも期待します!





                                by 天京