2020 ホタル列車 宴の舞 6月中旬編

output_comp1.jpg

output_comp2.jpeg

6月も中旬になりました。ピークは越えてますのでこの先は減少していきます。不思議なもので時期が来るとパタっと居なくなります。今回上げた写真は同じ日の撮影ではありません。3日の時間差があります。1枚目はワンサカ状態でした。橋梁まわりに高い木々で覆われた森林があるのでその暗い所に出入りするのでわりと上下の高さの幅が写るのが特徴です。川面をスイスイ飛ぶような穏やかな光跡を望むならもうちょっと下流域へ移動しないと撮れませんね。
2枚目は今回考えた新構図です。前号の最後にも上げてますが今回はメインで撮ってみました。この下流側にも常時10人以上のカメラマンが居ますが私だけレンズの向きが違ってました(笑)わざわざここまで来てメインを撮らずに新構図を撮ってるのは私くらいですね。今回は大好きなハイモ295-315号が来てくれたので嬉しかったです。このホタルの舞う森林の中に入っていくような構図はお気に入りになりました。これをやるにはちょっと現像でひと手間かけないといけません。慣れている方ならすぐわかると思います。
撮影時は雨が降っており傘を差しながら撮影しています。その雨の影響なのか、時期的に終わりになりつつあるのか、または両方なのかは定かではありませんがホタルの数はかなり減ってます。今後はもう一回撮れたらいいなと思ってます。
それではまた次号でお会いしましょう!


         by 天京